スタイロ加工株式会社の地下二重影「スタイロガルバ」が日刊建設通信新聞に掲載されました。

地下断熱二重壁に意匠性

スタイロ加工、ダウ化工が開発 1枚パネルで施工性アップ

 両面鋼板・複合パネルメーカーのスタイロ加工(東京営業部=東京都新宿区)とダウ化工(品川区)は、従来の押し出し成形セメント板などに替わる地下断熱二重壁用パネル「スタイロガルバ」を開発した。表面に鋼板を施した1枚のパネルで一度に高さ6㍍まで、わずか2人の作業員で施工が可能だ。スタイロ加工の親会社である明正工業(新宿区、永上修一社長)が販売する。工程が少なく施工スピードが速いため、材工込みのコスト競争力が高い。初年度、万平方㍍の受注を目標とする。

 スタイロガルバは、耐火断熱間仕切壁「タイカダンパネル」で実績のあるスタイロ加工と、優れた断熱性能を持つ「スタイロフォーム」を製造・販売するダウ化工が、それぞれのノウハウを融合した製品として開発した。

 高いパネル強度と意匠性に加え、断熱性、不燃性を兼ね備えた初めての地下二重壁で、設計自由度が高まる。美しい意匠の地下空間の提供に貢献する。

 コア材に断熱性能に優れたスタイロフォームを使った「SJ」と、不燃認定を取得している「フネン」をシリーズ化し、用途や部位に応じて使い分ける。いずれも結露防止効果が高い。

 表面材には、縦に凹凸を施した鋼板を採用しているため、ヘッドライトなどの直接反射を抑え、駐車場の壁面などにも適している。

 パネル同士は、嵌合(かんごう)が強固な独自のスリップジョイント方式を採用しているため、壁面の強度も高く、地震時の変位を吸収する。ジョイントの内部にはエアーポケットを設置、外周壁側からの湧水の浸入防止に効果を発揮する。

 施工は、上下のレールだけで自立可能とし、パネル取り付け用の下地やビスも必要ない。新たな乾式の下地レス工法のこの製品は、既に特許を申請中だ。

 1平方㍍当たり約7㌔と軽く、作業スピードは2~2.6倍に高まる。幅は90㌢。長尺も製造できる。

 「地下の階数が増え、駐車場のほか、用途も商業施設など多様化している」ことから、「設計事務所やゼネコン、施工中の建築現場にも提案していく」(明正工業)。既に大手設計事務所やディベロッパーから引き合いがあるという。

2018年1月15日 建設通信新聞