スタイロ加工株式会社の地下二重影「スタイロガルバ」が日刊建設工業新聞に掲載されました。

【記事抜粋】

地下二重壁に不燃仕様

地下二重壁に不燃仕様 工程簡略化の乾式自立型

鋼板・複合パネル事業を展開する明正工業のグループ会社、スタイロ加工と断熱材メーカーのダウ化工は、地下空間の湧水対策の二重壁として、断熱性とデザイン性、施工性を兼ね備えた乾式自立型断熱パネルを共同開発した。

不燃仕様の「スタイロガルバ―フネン」と、通常仕様の「スタイロガルバ―SJ」の2タイプで、特許出願中。不燃仕様の地下断熱二重壁は業界初となる。スタイロガルバ―フネンは不燃認定を取得しているスタイロ加工の「ポリイソシアヌレートフォーム」を、スタイロガルバ―SJはダウ化工の断熱材「スタイロフォーム」をそれぞれ芯材とし、表面をデザイン性の高い小さなたてじま鋼板で仕上げている。

スタイロガルバは、1平方メートル当たりの重さがコンクリートブロックと比べると3分の1以下と軽量で、上下に取り付けたレールに倹飩(けんどん)式ではめ込むだけで自立するのが特徴。下地作業などを不要で工程、工期を大幅に短縮できる。

表面の小さなたてじま鋼板は、薄暗い地下のイメージを払しょくし、商業空間としての利用に調和する洗練されたデザインの地下壁面を実現する。結露防止・防錆(せい)効果が高く、長期にわたって美観が維持できる。補修工事を行うことなくテナントの入れ替えも可能だ。光の直接反射を抑え、駐車場の二重壁にも適している。

パネル同士の連結にはスタイロ加工独自のオス・メス式嵌(かん)合接合を採用。地震時にはジョイント部が振動エネルギーを吸収し、高い耐震性を発揮する。  パネル1枚の幅は900ミリで、6メートルの高さまで対応する。材工価格は従来の組積工法と同等だが、施工性や断熱性、デザイン性といった付加価値を備えていることから、既に引き合いがきているという。初年度は10万平方メートルの受注を目標としている。

現在、都市部では大規模再開発に伴い地下利用が拡大している。両社はコンクリートブロック、押し出し成形セメント板に代わる二重壁として、設計事務所や建設会社に提案する。

2018年1月15日 日刊建設工業新聞